1. HOME
  2. ブログ
  3. 部品に関して
  4. 油圧ショベル用 アタッチメントのシールキットについて(ブレーカー・大割機クラッシャー・小割機パクラー・グラップルなど)

BLOG

ブログ

部品に関して

油圧ショベル用 アタッチメントのシールキットについて(ブレーカー・大割機クラッシャー・小割機パクラー・グラップルなど)

油圧アタッチメント用シールキットの種類

こんにちは、ビーエスパッキン 部品課の安川です。
ここ最近油圧ショベルのアタッチメント(ブレーカー・大割機クラッシャー・小割機パクラー・グラップルなど)のシールキットをご希望されるお客様が非常に増えています。お客様からいろんなお話をお聞きしていると、時代の流れや生活スタイルの変化などで単に新たに何かを造成するという工事よりも、昔からある古い建物を解体して新たなニーズに沿った建築物を作るということが増えているようですね。
そのため本来の油圧ショベルの役割である掘削作業だけで油圧ショベルを使うには、機能的にもったいないとのことらしいです。
せっかく油圧ショベルを持っているのなら、アタッチメントを交換するだけで掘削だけでなく解体・砕石・鉄筋や木材の集積など多岐にわたる使い道が広がるので、確かに合理的だと思います。
ただ通常の油圧ショベルよりも過酷な環境での使用になることが多いので、シールが痛むのも比較的早くなるそうです。なのでシールキットの交換サイクルが早い分、純正品のシールキット対応していると予算が・・・・というお声がほとんどですね。

油圧アタッチメントとは、油圧ショベルのアームの先端部分の掘削用バケット部分を取り外し、用途に合わせたアタッチメントを取り付けて現場作業を行うものです。油圧ショベル1台で様々な使い道が広がります。
主な種類の油圧アタッチメントとして、油圧ブレーカー・大割機(クラッシャー)・小割機(パクラー)・鉄骨カッター・グラップルなどがあります。

油圧ショベルを所有されているお客様はアタッチメントを併用して使用することにより、作業用途がかなり広がるので仕事の幅もかなり広がるというお話をよく耳にします。

油圧ブレーカー

油圧ブレーカーの役割として、コンクリート構造物の解体工事や採石、採鉱場における小割破砕、舗装路面の破砕などがあります。油圧ブレーカーは、チゼルに連続して打撃を加えてコンクリートなどの破砕に用いられます。油圧ブレーカーのシールキットは、通常の油圧ショベルとは全く違うパッキンも使われることが多いですね。シールキットのサイズも油圧ショベルとは違い特寸サイズが使われることも多いです。

大割機(クラッシャー)・小割機(パクラー)・鉄骨カッター

圧砕機は大割機(クラッシャー)・小割機(パクラー)・鉄骨カッターなどに大別され、先端がクワガタのハサミのような形状のものが多いです。
大割機(クラッシャー)は主に鉄筋コンクリート構造物を解体する初期の破砕作業に使われます。
小割機(パクラー)は大割機で砕き割られたコンクリートをさらに破砕し、鉄筋とコンクリートを分別するのが主な仕事です。マグネットで鉄の塊を集めるタイプのものもありますね。
鉄骨カッターは、鉄骨構造の大型建築物などで鉄骨を切り裂く解体作業に使われます。
ほとんどのクラッシャー・パクラーのシールキットは当社の在庫でご用意することが可能です。

グラップル

グラップルは通称フォークとも呼ばれます。グラップルは爪のような形状で木を掴むことに特化したアタッチメントです。解体した木材などをまとめて挟み込んで運ぶことや選別したりすることができます。グラップルは木材家屋の解体作業、解体現場での鉄筋処理、解体した木材の整理などつかむことを中心とする作業に使用します。災害時には、洪水で流されてきた大量の木材や土砂崩れ、大雪による重さで倒木した木などを運び出す建機として活躍します。グラップルのシールキットもよほどの特殊品を使用しない限り当社の在庫でご用意させていただくことが可能です。

各メーカーさんも油圧アタッチメントの種類をかなり多く製造されています。
もちろんその数だけシールキットの種類も相当な数が存在するのですが、その油圧アタッチメントに使用されるシールキットは、通常の油圧ショベルとはまた違った役割や形状のものも数多く存在します。
当社では、クラッシャー・パクラー・グラップルなどは基本的に現物を拝見させていただければ、ほとんどのものはご用意可能です。

当社では油圧シリンダーのシールキットの販売だけでなく、修理・再生の業務も行っております。もちろん修理となれば、シールキットも交換することがほとんどです。当社ではそういう場合に古いシリンダーから取り外した古いパッキンを確認し、シリンダーの修理内容からパッキンの痛み具合を検証しデータの蓄積をいたしております。

油圧シリンダーのシールキットを取り扱う会社はいくつかあると思いますが、商品知識の豊富さには自信を持っています。
それは単にシールキットを販売するだけではなく、油圧シリンダーのシールキットの製造・販売と修理業を総合的に行っているからこその強みでもあります。
http://www.bs-pkg.co.jp/service/repair/

また油圧ショベルや油圧シリンダーが大きくなればなるほど、純正品のシールキットは高額になります。
ビーエスパッキンではオリジナルのシールを製造・販売しているため、高品質のパッキンを低価格で提供せていただくことが可能です。
取り扱い機種も随時増やしております。
取扱い機種につきましては、随時更新中です。
http://www.bs-pkg.co.jp/category/parts/

まずはお気軽にご相談ください、ご連絡お待ちいたしております〜(^ ^)
お問い合わせはこちら→http://www.bs-pkg.co.jp/contact/

関連記事